たいがいにしなさいね

  • 投稿 : 2009 年 12 月 3 日

友人のご主人さまは大食漢、食べることが大好き。特にお菓子には目がなくて、会社帰りに、お菓子屋さんで大量のお菓子を買い込んで帰ってきます。お酒を大量に飲むとか、大量に買い込むというよりはずっとかわいらしくていいじゃない・・・なんて思ったのですが、健康を害す危険があるほどなのだとか。

友人は見るにみかね、ある日ついに「たいがいにしなさいね」と注意したそうです。その話を聞いていた別の友人、「たいがいにしなさいねって、いい言葉ね~」と感心することしきり。「私なら、いい加減にしなさいよ!って言って喧嘩になっちゃう」と言うのです。確かに、同じことを言っても言い方次第でこんなにも違うニュアンスが変わります。「たいがいにしなさいね」。。。いいですね、これ。

 

因果応報で幸せになる?

  • 投稿 : 2009 年 12 月 2 日

「因果応報」という言葉があります。「悪い行いは、悪い結果となって自分にふりかかる」という意味で、これに似た言葉に「自業自得」という言葉もあります。今起きている悪いことは、過去の自分の悪い行いの結果だというのです。

でも、もしそれが事実だとすると、不幸に見舞われる方たちすべてが、過去に悪い種をまいているということになってしまい、これはちょっと理不尽な気がします。因果応報という言葉をマイナスのイメージだけで捉えてしまうのではなく、良いことであれ悪いことであれ、自分が考えて行動したことは必ず自分の身に返ってくると考えてみてはどうでしょう。

自分で撒いた悪しき種は、いつか自分で刈り取らねばなければならなくなります。けれど、一生懸命蒔いた良い種なら、いつか幸運の果実を実らせるのです。善因善果、悪因悪果、そのいずれもが「因果応報」なのです。

 

化粧が心を化けさせる

  • 投稿 : 2009 年 12 月 1 日

お化粧のお話です。女性ならきっと誰でも、お化粧をすると気分まで変わるという経験をされていると思います。先日、結婚前の職業がアナウンサーだった友人と会ったのですが、その時にもそんな話で盛り上がりました。彼女は職業柄いろいろな女優さんに会ったそうですが、楽屋での話がちょっと面白かったので、ここでご披露してみます。

気だるい雰囲気を持った実力派女優Yさんは、楽屋入りする時はすっぴんで疲れた表情。楽屋に入るなり「コーヒー持ってきて。サンドウィッチはどうしたのよ」と、さも面倒臭いといった様子で、彼女にいろいろと命令をしてくるのだそうです。ところが、お化粧が進むにつれ、表情が柔らかくなり、にこにことした甘えた口調になるのだとか。知的な印象のある女優Hさんも、お化粧をするまでは地のままで愛想もなにもなしなのに、お化粧をすると別人のように明るい人に変わってしまうのだそうです。

お化粧をすることで自分ではない自分になっちゃうのよね…というのが、友人の解釈でしたが、お化粧で「化ける」のはどうやら顔だけではなく、「心」まで化けさせてしまうようです。暗い気持ちの時、あなたもお化粧をして別の自分になってみませんか?

QLOOK ANALYTICS