まだまだこれから

  • 投稿 : 2009 年 11 月 28 日

定年退職をした人、まもなく定年退職をする人が周囲に結構います。早ければ60歳、遅くとも65歳が定年のようですが、いずれもまだまだ仕事のできる年齢、もったいないですよね。少子化が懸念され、国を支える人たちがどんどん減ってしまうことを社会は憂いていますが、まだまだ使える人材を仕事の中枢から排除し、新しい人材がいないと嘆いているのですから、これほど矛盾した話はありません。

もっと残念だなあと思うのは、定年退職をすると守りの姿勢に入ってしまわれることです。確かに60歳を超えてから冒険をするといのはリスクがありそうですが、あと20年以上残された人生を、ただただ命をつなぐためだけに生きてゆくのは、あまりに寂しいように思います。家庭の中だけで生きるのではなく、社会の中で生きる・・・それも、ボランティアではなく、積極的に対価を求めて生きるという生き方を模索しても良いのではないでしょうか。貪欲に生きつづけたいですね。

QLOOK ANALYTICS