ご近所づきあい

  • 投稿 : 2009 年 11 月 8 日

きょうは地域の一斉草刈の日でした。久しぶりにご近所の方たちと顔を合わせ、草を刈る手よりも口のほうがずっと動いていたような気がします。こういう場に顔を出す人というのは決まっていて、草刈の日になると、朝早くから逃げ出してしまうという人や、家にいても出てこない人などいろいろいたりします。そういう方たちはご近所づきあいが苦手なのですね。

確かにご近所づきあいというのは面倒なことが多いと思います。でも、人間は社会の中でいろいろな行動を起こしながら生きているのですから、どこまでもひっそりと隠れて住むなんていうことはできません。いっそ、ご近所さんの誰とでもにこやかにおつきあいしてみる、そんな人間に改造してみてはどうでしょう。傷つきたくない、傷つけたくないと思うのなら、聞き役に徹すればよいのです。嫌な話を聞いた時 のために、すぐに忘れてしまう回路も準備しておきましょう。

まずは行動を起こすこと。それが苦手意識を克服する第一歩です。

QLOOK ANALYTICS