出世魚

  • 投稿 : 2009 年 11 月 6 日

どちらかというと食道楽・・・。贔屓のお店に通うとか、豪華なものやお高いものを食べ歩くというのではなく、スーパーなどでも手に入るような食材に一工夫して、おいしい料理を作って食べるのが大好きという、ささやかな食道楽です。

きょうは活きの良いワカシが手に入ったので、さっそくさばいて、一部はお刺身、残りは煮魚にして頂きます。ワカシってどんなお魚?と思う方もいることと思いますが、なんのことはないブリの幼魚のことです。東京ではワカシ→ワカナ→ワカナゴ→イナダ、関東(相模湾)ではワカシ→イナダ→サンパク→ワラサ→ブリといったように、幼魚から大人になるまでにどんどん名前が変わってゆくので、俗に「出世魚」なんて言われています。

人間も成長の段階で名前が変わってゆけば、生きてゆく上での責任の重さのようなものが実感できるのではないかと思ったりします。木下藤吉郎から豐臣秀吉に・・・これは「出世人間」のケースですが、名前の変化にふさわしい飛躍ぶりです。

QLOOK ANALYTICS