「楽しい」は人のためならず

  • 投稿 : 2009 年 11 月 5 日

クラシックの演奏会に行ってきました。実に素晴らしい演奏に感動してしまいましたが、満足感は演奏に対してだけではありませんでした。とにかく楽しかったのです。指揮者はマルク・ミンコフスキ、演奏はルーブル宮音楽隊。曲目はモーツァルト『ポストホルン』そして、ラモー(ミンコフスキ編)の『もう一つのサンフォニー・イマジネール』でした。

ミンコフスキファンとしては、なにをやってくれるだろうと期待に心ワクワク。郵便配達の格好をした奏者が、ポストホルンを見事に吹き鳴らしながら自転車に乗って登場、指揮者や演奏者に郵便物を届けてくれる趣向には驚きました。

演奏会に行っていつも思うのは、演奏者自らが楽しんでいない演奏会は実につまらないということ。反対に、演奏者自らが楽しんでいる演奏会は、必ず聴衆も楽しい時を過ごせるということです。それが「音楽」の真髄ですよね。音楽だけでなく、モノを売る商売だって、日常の家事だって、自分が楽しければ相手も必ず喜んでくれるのです。

QLOOK ANALYTICS