成功は早起きから

  • 投稿 : 2009 年 10 月 20 日

私は低血圧ということもあって、朝8時前に起床するのが辛くてたまりませんでした。午前2時か3時に寝ますから、仕事や勉強に費やす時間は、夜12時ごろに寝て、朝6時頃に起きるという人と大して変わりがありません。朝が遅いから怠けているという意識はなく、一日の辻褄はしっかり合わせて生きているつもりでした。

今は、夜12時に就寝して6時には起床する生活パターンに変えています。ある日、朝6時前に起床すると、家の東側の窓から朝日が思いきり差し込んでいました。その強い光にとてつもないエネルギーを感じたのが、早起きをするきっかけでした。それからは、毎朝起きるとすぐに窓を大きくあけ、朝日を家の中いっぱい取り込むようにしています。

生活パターンが朝型に変わって感じるのが、「早起きは三文の得(徳)」という諺。午前中にこなす仕事の量が目に見えて増えましたが、それは、単に量的に午前中の時間が増えたというだけのことではなく、仕事の効率がぐんとアップしていることによるものなのです。

実はこれには科学的な根拠があります。活発に行動するためのエネルギーを生み出す交感神経は、太陽が昇る頃に働きはじめますから、朝の1時間が夜の3時間分の働きに匹敵するのです。成功者に早起きが多いというのも頷けますよね。

ポジティブに生きたい、もっともっと成功したいと思うなら、とにかく早起きをすること。あなたが成功を夢見ているのなら、早起きし、効率よく成果をあげてゆく習慣を身に着けることが大切なのです。

朝の太陽の強いエネルギーが、さらにあなたの運を活発にしてくれますよ。

QLOOK ANALYTICS