お皿を割ってスッキリ!

  • 投稿 : 2009 年 10 月 17 日

あなたは怒りをどうやって解消していますか?怒りを我慢した場合の体への悪影響について、米ミシガン大学のErnest Harburg名誉教授率いる研究チームが面白い調査を行っています。既往の研究では、怒りを抑圧すると、心臓病や高血圧などストレスに関連した病気にかかりやすくなることがわかっていますが、この研究では、結婚生活の中で抑圧された怒りと、その結果として形づくられた不快感が死亡率に与える影響を調査しています。

配偶者が相手の不公平と思われる態度に対して、夫婦ともに怒りを抑圧していた組と、一方が感情を表現していた組の、17年後の生存調査を追跡しているのですが、それによると、ともに怒りを抑圧していた夫婦の半数は、少なくとも夫婦のどちらかが死亡。一方が感情を表現していた夫婦の場合の、どちらかが死亡した割合は26%。夫婦ともに死亡した確率は、感情を抑圧していた夫婦が、そうでない夫婦の5倍近くにも達しているというのですから、怒りのマイナスのエネルギーは、一刻も早く放出してしまうことが肝心のようです。

怒りを発散させる方法はさまざまですが、アメリカではお皿をガンガン割ってスッキリする人が多いのだとか。あなたも心当たりはありませんか?フィリピンでは、1枚15ペソ(約35円)でお皿を購入し、「怒りの壁」と呼ばれる壁に向かって、「tacsiyapo(この恥知らず!)」と叫びながらお皿を投げつけることができるお店があるのだとか。

実はこれ、日本にもあるんですよ。トラックの中で好きなお皿を割って怒り発散、お皿は1枚200円。使用している食器は売り物にならない美濃焼の廃食器で、割れた破片は食器やタイルなどに100%リサイクルしているというのですから、なかなか気を遣った商売です。

怒りを押さえつけてくよくよ考えたり、相手を恨んだりするのは最悪のパターン、かといって、怒りを相手に直接ぶつければ話が余計にこじれてしまうことも。お皿を割って怒りを上手く発散させるというのは、なかなかのアイデアかもわかりません。

QLOOK ANALYTICS