占いはヒント

  • 投稿 : 2009 年 10 月 9 日

迷いごとがあり、自分ではどうしても判断がつかなくなってしまった時、私は占い師さんを訪ねます。特に、二者択一を迫られた時などは占い師さんの言葉を頼りにしてしまうのですが、占いを全面的に信じている・・・というわけではありません。

友人が結婚したお相手の男性は再婚。結婚当初、相手の方との行き違いがずいぶんあって悩みに悩みぬき、占いにもずいぶん頼ったようです。占い師さんからは「別れるなら今のうち、この男性とは早く別れたほうがいいですよ」と何回も言われたそうです。それから15年、彼女はことあるごとに、「結婚していて良かった、別れなくて良かった」と言っています。

占い師さんの言葉を鵜呑みにするのは考えもの。占いは生きる上でのヒントだと思って、言われたことを必ずいろいろな角度から検討して結論を出すようにしましょう。どうするかを最終的に決めるのは本人です。決めたこと、決まったことが「運」なのです。

QLOOK ANALYTICS