手作り料理

  • 投稿 : 2009 年 4 月 7 日

スーパーのレジに並ぶと、見ようと思わなくても前の人のカゴの中身が見えてしまいます。いつも気になるのが、小さいお子さん連れのお母さんのカゴの中身が、レトルト商品とお菓子の山でいっぱいなこと。時間のないときに利用するには便利ですが、それ以外は、子供にはできるだけ手作りのものを食べさせて欲しいと思います。

たとえばコンビニのおにぎりと、お母さんの握ったおにぎりを食べ比べてみると、味の違いがはっきりします。お手製のおにぎりの方がなぜかおいしく感じられるのは、味が違いや素材の違いだけではなく、手のぬくもり、愛情が感じられるからなのです。お母さんの手作り料理には、何にも代えがたい愛情という「気」が入っているのですね。

QLOOK ANALYTICS