心の転換

  • 投稿 : 2009 年 3 月 10 日

マイナス思考の人というのは、目にみえることすべてを、マイナスに捉えてしまうという心の習性があります。楽しいことを体験しても、その影にちょっとでも見え隠れするマイナスのイメージを大きく大きく膨らまし、結果的に、楽しかったことすべてを帳消しにして、楽しくなかったという結論にしてしまうのです。

発想を変えましょう。どんなことにも裏と表があります。目に見ていることはすべて、物事の一面でしかありません。物事には裏と表があるのです。心の習慣を変えて、プラスのイメージを膨らませるようにしてゆきましょう。

 

シンボル・ツリー

  • 投稿 : 2009 年 3 月 8 日

庭に植わっている木蓮の蕾がずいぶん膨らんできました。もう1,2週間もたてば見事な花を開いてくれることでしょう。この木蓮は玄関先を飾る我が家のシンボル・ツリー。

この木蓮、購入した時には僅か背丈ほどのものだったのですが、土地が合っていたのか、ものすごい勢いで成長し、見事な花をつけるようになってくれました。今では2階の屋根を越えるほど。

大きな木は家を守ります。特に、玄関先に大きな木を植えると、その木の背丈ほどの幸運を呼び込むと言われています。シンボル・ツリーになりそうな木を探して、ぜひ植えてみてください。木は、勢いのある木を選んでくださいね。

 

傲慢な人

  • 投稿 : 2009 年 3 月 6 日

私はみのもんたが大嫌い。世間ではとても人気があるようですが、全身から漂う傲慢さと、人を見下したような態度のどこに人気があるのか、理解不能です。傲慢のオーラほど不快なものはありません。

最近は、傲慢さを売りにしているタレントや政治家が増えてきましたね。人を人とも思っていない態度がもてはやされるのは、社会そのものがマゾヒスティックになっているからなのでしょうか。庶民がここ数年ですっかり痛み慣れしてしまったようです。

強い者がのさばる時代というのはとても怖いもの。オーラに負けてしまわないようにしなければ!

 

身なりに気をつけて

  • 投稿 : 2009 年 3 月 4 日

政治がボロボロになってしまい、日本はいったいどこに行こうとしているのだろうかと、不安が募ります。特に経済の悪化は目を覆うばかりで、失業者も増加の一途。

実は、この兆候は5,6年ぐらい前からありました。きっと日本の経済は失速すると思っていたのですが、そのとおりになってしまいました。その頃から若者の服装がとてもみすぼらしくなり、貧相になってしまったのです。テレビに出てくるタレントやミュージシャンの服装をまねてお洒落をしたつもりだったようですが、まるで終戦直後の、物資のない時代を思わせる貧しさを感じさせました。

服装は金運を左右します。貧しさを漂わせたところにお金は決して寄り付いてこないのです。お金が欲しければ、身なりに先ず心を配らなければいけません。流行に敏感になのも悪くはありませんが、決してマイナスイメージをもたらすような流行に乗ってはいけません。

 

塩の効果

  • 投稿 : 2009 年 3 月 2 日

繁盛しているとある日本料理店の、きれいに掃き清められた玄関口に、高々と山になった盛り塩が置かれていました。私の家の玄関先にも盛り塩がしてあります。台所、洗面所、トイレ、子供部屋、寝室などにも、何か気になることがある時には四隅に塩を置くようにしています。

塩には除霊の力がありますから、枕の下に半紙に包んで置いたり、胃の具合の悪い人は胃のあたり、心臓の具合の悪い人は心臓のあたり、腰の痛い人は腰のあたりにそれぞれ塩と包んだ半紙を置いて寝ると、体が楽になります。

塩は必ず荒塩を使ってください。

« 前ページへ
QLOOK ANALYTICS