神社

  • 投稿 : 2009 年 3 月 30 日

29日の日曜日はとてもお天気が良かったので、ドライブに出かけました。神社やお寺めぐりが好きなので、道々、古そうな神社やお寺があると車を止めて拝観したのですが、鬱蒼とした木の茂みに隠れるようにある神社は殊更、霊験あらたかな感じがします。

心身ともに行き詰ってしまったような時には、近くの神社に出かけることをお勧めします。大きな神社である必要はありません。神社には必ず大木がありますが、大木は神木、強いエネルギーを発散させていますから、静かに目をつぶり、木からエネルギーを頂くつもりで大木にそっと触ってみてください。運気をあげる簡単な方法ですから、ぜひお試しを。

 

植物も話す?

  • 投稿 : 2009 年 3 月 28 日

植物には感情があるのかないのか、ということが友人と話題になりました。友人の家には猫がいるのですが、猫が観葉植物の葉っぱをちぎって食べてしまったり、上に乗って葉を苛めたりすると、たちまち元気がなくなってしまうのだそうです。きっと怖がっているのだと友人は言います。私は、枯れてしまった花に毎日声かけをして、生き返らせた経験があります。

金沢星稜大の大薮多可志教授は、微弱な電位を増幅してコンピューターに取り込み、温度計などと連動させ、「暑いよ」「寒いよ」「触ってくれてありがとう」などの音声に変換する研究をされていて、現在は約20語を「話す」そうです。命あるものすべて、人間同様にいろいろなことを感じながら生きているのですね。

 

運気を上げる掃除

  • 投稿 : 2009 年 3 月 26 日

先日通りかかった住宅街の一角に、それはそれは「汚い」家がありました。草はボウボウ、門から玄関に通じるアプローチの両脇には得たいの知れないゴミの山。玄関先もこれまたすごい! その昔、「サティアン」なるものが有名になりましたが、まさにそんな状態です。

さぞかしこのご家庭、運気が落ちているだろうと想像できます。掃除は運気とも深く関わっていますから、身の回りの整理整頓、清潔を心がけましょう。掃除をした後の部屋は、なんとなく空気が軽くなったように思えたり、明るくなったように思いますが、これは家の中の澱んだ気が入れ替わり、暗い霊気が一掃されるからなのです。

ある有名な競輪選手の家はいつもピカピカに磨かれているそうですが、これは、汚い家に勝運はないと言われているからなのだとか。

 

窓を開けて

  • 投稿 : 2009 年 3 月 24 日

ずいぶん春らしくなってきました。いろいろな植物が芽吹き、土の下で眠っていた虫達もそろそろ活動開始。人の心もなんとなくウキウキしてしまう季節です。寒くて開けられなかった窓も、ようやく開けられる季節になりました。

朝起きたらすぐに、窓を大きく開け放してください。特に晴れた日は、太陽の光を思い切り家の中に入れましょう。できれば一方の窓だけではなく、家の両面の窓を開けて空気が流れるようにしてください。太陽の強いエネルギーを取り込み、新しい空気を循環させることで、家の中の気がプラスに働き始めます。

 

名前のつけ方

  • 投稿 : 2009 年 3 月 22 日

子供の名前には親の期待が込められています。友達がたくさんできるように「友子」、幸多い人生を願って「幸雄」。そんな名前を見ると、親の愛情をヒシヒシと感じます。

でも最近は、意味よりもイメージや響きが先行する名前が増えてきました。明治安田生命の行った名前調査によると、2008年の子供の名前のベスト5は、男の子が大翔 、悠斗、 陽向、翔太、悠人の順、女の子は陽菜、結衣、葵、さくら、優奈の順なのだそうです。

名前はその人の人生に一生つきまとうものです。子供が自分の名前を口にするたびに、親の愛情を実感できるような、そして、誇りに思えるような名前をつけてあげたいですね。

 

人を呼ぶ人

  • 投稿 : 2009 年 3 月 20 日

近所にある魚屋さんはいつも閑散としているのですが、きょうはちょっと混んでいます。特売でもしているのかと思ったのですが、そうではありません。

魚屋のおにいさんに「きょうはすごいお客様ね」と言うと、「Sさん(お客さん)が来ると、なぜかその日は次から次にお客さんがくるんだよねえ」という返事。Sさんは人を呼ぶ人なのですね。

会社で人を雇う時などに注意したいのが、人を呼ぶ人カ人が離れてしまう人かということ。人を呼ぶ運気の強い人を雇えば商売繁盛間違いなしです。閑散としていた店内がいつの間にかお客様でいっぱいになったという時、その中のひとりが人を呼ぶ人・・・どの人か、結構わかるものですよ。他の人より強いオーラを感じることができますから。

 

生き金

  • 投稿 : 2009 年 3 月 18 日

「生き金」という言葉があります。生き金というのは誰かの、あるいは何かの役に立つように使うお金のことをいいます。ボランティアに寄付したり、親にお給料をお裾分けして喜んでもらったり、自分に投資したり。

生き金というのは、出したお金以上になって還ってくることがとても多いのです。もちろん、見返りを期待してお金を使えば効果は半減、心から相手に喜んでもらおうという気持ちが大切です。喜んでもらいたいという思う気持ちが、こだまとなったあなたに還ってくるのです。

 

応援歌

  • 投稿 : 2009 年 3 月 16 日

最近とても気になることがあります。それは、あちこちのお店で流れているポップスの歌詞。励ます言葉の連続、応援歌のようなものがやたら多く感じられるのです。昔から、失恋を慰めたり、人生を慰めたりといった歌は数多くありましたが、もう少し控えめな歌詞だったように思います。

最近のものはまるで応援歌。あなた一人じゃないんだ、みんながいるから、みんながついているから、みんなが応援しているから大丈夫、そんな感じなんですね。「みんな」の中の一人だから大丈夫だよという発想なのです。

携帯電話やネットにも象徴されているように、いつも誰かとつながっていないと不安という心理、それが歌詞にも象徴的に現れているような気がします。大人になりきれない大人がいっぱいいるのかもと、そんな不安がよぎります。

 

音の効果

  • 投稿 : 2009 年 3 月 14 日

とても気持ちが落ち込んでしまったとき、あなたはどうしていますか?部屋の中で一人、じーっと考え込んでしまっていたり、ちょっとひどくなると、一日中布団に潜り込んだままだったり。

落ち込んでいる時というのは、賑やかで楽しそうなテレビの会話が鬱陶しく感じられたり、好きな音楽を聴くのも嫌という気分になってしまっていると思いますが、落ち込みを癒す効果的な方法は、「音」を聞くことなのです。

音には停滞している気の流れを良くする働きがあります。落ち込んでしまったら、テレビやラジオを大きな音量でかけ、部屋の中を音で満たしてみてください。次第に気持ちが軽くなってゆくのがわか りますよ。

 

水周りは清潔に

  • 投稿 : 2009 年 3 月 12 日

我が家のトイレは西。風水で大人気の、黄色い置物がいたるところに置いてあります。3つの猫の置物、掛け時計、マットもタオルも黄色。壁紙には黄色い花が描かれています。

風水に拘る友人は、家の外壁を黄色に塗り、車まで黄色にしてしまいましたが、私の場合は特に風水にこだわったわけではなく、黄色が好きなので、なんとなく黄色いものが集まってしまっただけなんです。

運気に拘るのなら、トイレをいつもピカピカに磨きあげておくほうが期待大。水周りと言われている場所は、気が停滞しやすいので、特にきれいに磨き上げておくことをお勧めします。

トイレに限らず、掃除は気の流れを良くして運気をあげる作用がありますから、汚い部屋があるということがないよう、こまめな掃除を心がけてくださいね。黄色い置物は、きれいになった場所に置かなければ効果も半減してしまいますよ。

次ページへ »
QLOOK ANALYTICS