謙遜もほどほどに

  • 投稿 : 2009 年 2 月 19 日

謙遜は美徳と言われています。褒められても素直に認めることなく必ず否定し、あえて欠点を並べたてて自分を卑下することのほうが、礼儀正しいように思われたりするのです。これが日本人の美意識というもののようですが、でも、あまり謙遜するのも、なんだか・・・。

褒められたら素直に喜んだほうが、褒めたほうも褒められたほうも気持ちが良いのではないでしょうか。謙遜は一歩間違えば卑下、自己否定につながります。むやみに謙遜することなく、自分をけなすより自分を褒める、そんな気持ちもこめて、「褒めてくださってありがとう」と、そんな言葉でお返しをしてみましょう。

QLOOK ANALYTICS