善玉の欲

  • 投稿 : 2009 年 11 月 30 日

家庭内にゴタゴタ続きの友人が、「欲を捨てようと思う、そうすれば楽に生きられる」と、悟ったような口調で言いました。さる有名な宗教家の本を読んでそう思ったのだとか。欲というのは捨ててしまえば確かに楽かもしれません。欲さえなければ、あるがままを受け止めるだけですから泰然自若として生きてゆけそうです。

でも、彼女のそんな言葉を聞きながら、まだ50代なのに、ここで欲を捨ててしまって良いものだろうか、欲するものを手に入れるという情念こそが、生きている証なのではないか、飛躍への足がかりになるのではないかとふと思ったりもしていました。あと30年近い人生、欲もなく、ただただ平穏無事だけを目標に生きるということに、私は賛成できずにいます。「足るを知る」という言葉がありますが、それは身の程知らずの欲求を諫めるものであって、欲を捨てよということではありません。どこまでも貪欲に生きる、そんな生き方も素晴らしいのではないでしょうか。欲に振り回されてしまうようであれば、それは生き方、考え方に根本的な問題を抱えているのです。

 

芸術家

  • 投稿 : 2009 年 11 月 29 日

ちょっとだけですが、名前の知れているバイオリニストとたまたま面識があり、ある日友人から、イタリア料理店で弾いてくれるようにお願いしてもらえないかしら相談がありました。ギャラを聞くと、とてもとてもお願いできるような額ではありません。でもまあ断られたらそれまでと、失礼を承知でお話しをしました。ちょうどその日は空いているのでOKよ、と気軽に承諾してくださったので拍子抜け。

彼女はニコニコしながら、「みんなにバイオリンを聴いてもらいたいの。みんなに音楽を好きになってもらいたいの」と言うのです。プログラムも盛りだくさんで、ほんとうに楽しんでもらいたいという気持ちに溢れたものになりました。聴いた人を幸せにできる力を持っているバイオリニスト、みんなに幸せを感じてもらいたいと願っているバイオリニスト…、これこそが「芸術家」なのでしょうね。高みからの芸術では、決して人の心は動かせないとそう思います。

 

タイムマネジメント

  • 投稿 : 2009 年 11 月 16 日

時間にルーズな人って、いますよねえ。いつも必ず約束の時間に遅刻してくるので、その人が遅れてくるというのを前提に、仕事のスケジュールを立てておくという馬鹿げたことをしたりしています。1時と約束すれば1時半、それじゃあと2時に約束すると2時半・・・どんなに時間をずらしても必ず遅れるのです。

タイムマネジメント(時間管理)が適切にできるか否かというのは、仕事の能力と比例しています。そもそも1日は24時間しかないのですから、効率よく時間を使わないと時間ばかりが過ぎてしまい、特に目立った成果をあげることなく一日が終わってしまうということにもなりかねませ。もっと時間が欲しいと思う前に、時間に無駄がないか、もう一度見直してみましょう。

時間の管理が苦手だと思う人は、仕事に取り掛かるときに一日の仕事の時間配分を手帳なりに細かく書き込み、それぞれを時間内で片付ける習慣を身につけてください。

 

好きこそものの上手なれ

  • 投稿 : 2009 年 10 月 23 日

津軽三味線奏者に浅野祥さんという方がいます。宮城県出身の19歳。実は浅野さんの名前は、きょう車の中で聴いていたFMラジオで初めて知りました。14歳で津軽三味線の全国大会に優勝した実力者だけあって、その演奏は実にキレが良く、素晴らしい才能を感じさせてくれるものでした。

3才6ヶ月から和太鼓を始め、津軽三味線は5歳から始めたそうなのですが、練習が嫌だと思ったことは小さい頃からまったくなかったらしく、学校から帰れば、テレビを観ている時でも三味線を手放さなかったほどだそうです。そして今は慶応大学に在学中。早速ネットで写真を見ると、練習に明け暮れている悲壮感など微塵もなく、気負いのないとても感じの良い青年です。

好きこそものの上手なれという言葉がありますが、好きだから練習する、練習するから上手くなる。練習が苦にならないというのも、才能のひとつなのですね。音楽にかぎらず、今やっていることをとことん好きになれば、その道での成功も夢ではなさそう。

QLOOK ANALYTICS