人には良い面も悪い面もあります

  • 投稿 : 2009 年 9 月 25 日

人間誰しも、良い面と悪い面の両面を持ち合わせています。あなたが苦手だと思う人、嫌いだと思う人にも、もちろん良い面はあるのですが、あなたはどうも、悪い面ばかりに目を向けてしまっているようです。

あなた自身を考えて見ましょう。あなたにも短所もあれば長所もあるはず。そうしたいろいろな面が複雑に絡み合って、一個の人間ができあがっているのです。苦手だと思う人、嫌いだと思う人をもう一度じっくり観察してみてください。ほんの少しでも良い面が認められたら、悪い面には目をつぶってしまいましょう。

良い面を認めることができると、あなたの気持ちは急速に「許し」の方向に向かうはずです。拒否から許容へ・・・、それこそが、あなた自身がラクにする生きる処世術でもあるのです。

 

損して得取れ

  • 投稿 : 2009 年 2 月 14 日

今日はバレンタインデー。デパートのチョコ売り場が大変な賑わいを見せていました。エコの問題もあるとは思うのですが、最近はチョコレートが簡易包装になってしまってがっかり。箱にリボンをかけただけでもお洒落に見えるものもありますが、企業の経費削減がミエミエだとちょっと嫌な気分になることも。

ランチを食べに行ってサラダつきを注文したら、申し訳程度のキャベツのサラダ、せめてトマトの一切れ、きゅうりの一切れでもあればいいのにと思うことがありますが、そんな時って、もうこのお店には来ないって思ってしまうものですよね。

経費削減も経営の大切な一要素ですが、お客様に喜んでいただくことを優先させているところほど繁盛していることを思うと、経営の前にまず真心。真心が通じればお客様がお客様を呼んでくれますから、結果的には利益はあがるのです。商売は損して得取れ。対人関係も同じようなことが言えそうですね。

 

ありがとうと口にすれば

  • 投稿 : 2009 年 2 月 7 日

スーパーなどのレジに並んでいて案外気になるのが、お客様が無言のまま商品の入ったカゴを店員さんの前に押し出し、計算が終わったカゴを無言で受け取り、無言のままおつりを貰っていること。ありがとうございますという言葉に、頷くでもない様子を見ていると、レジ担当者が人間である必要はないのかも、と思えてきたりします。

友人は、こちらはお客様なのだからそれが当然だと言いますが、私の場合、「ありがとう」という言葉が自然に口をついて出てしまいます。店vs客と割り切って考えれば、確かにお客様がありがとうと言う必要などないのかもわかりませんが・・・。

外国映画などを観ていると、「thank you」と言う言葉が何気ない場面でしばしば使われていて、感心すると同時にとてもかっこよく感じることがあります。日本にも「ありがとう」という美しい言葉があるのに、滅多に口にしないのはなぜなのでしょう。

ちょっとしたことにも、ありがとうと言う習慣があれば、もっともっと暖かい社会が築けるのではないかと思ったりします。ありがとうという感謝の言葉を口にすれば、自分にも幸運を呼び込むことになるのに。

« 前ページへ
QLOOK ANALYTICS