雨が好き

  • 投稿 : 2009 年 11 月 15 日

きょうは久しぶりのお天気、気持ちの良い一日になりそうです。雨の日は外出も億劫ですし、どんよりとした雲を見ていると気持ちまで重くなってしまいそう。雨の日が好きなんていう人は、絶対にいないと思いこんでいたのに、身近にいたんですね、雨の好きな人が。

友人のひとりが雨の日が大好きだったということを、最近になって知りました。彼女のお誕生日は6月ですから梅雨の真っ最中。雨に抵抗がないのかもわかりませんが、実はもうちょっと複雑な理由があるのです。晴れた日、みんながウキウキしているのを見るのが辛いのだとか。彼女は今ちょっとした悩みを抱えていて、うつ状態なのです。

晴れた日が嬉しいと思える日がくるように、そして人が楽しく過ごしている光景を見て心が和む日がくるようにと、そっと心の奥で願いながら、彼女の話に耳を傾けていました。

 

趣味があればうつ病も退散!

  • 投稿 : 2009 年 11 月 2 日

精神科医の故斎藤茂太さんは、お兄様の北杜夫さんともどもとてものんびりとした印象のする方でした。その著書に『なぜか人に好かれる人の共通点』(PHP研究所/2004)というのがあります。「趣味を楽しんでいる人には、大きく次のような効果がある。気分がリフレッシュしてストレス解消になる。知識は思考法に幅が出る。」だから趣味を持ちなさいというのです。

うつ病になる人の70%は趣味を持っていない人、というお話をテレビでされていたこともありました。ものに感動したり熱中するのは若さの特権。年とともに、そうした感情が薄れてきてしまいます。無趣味だと、定年退職後になにもすることがないので早くボケてしまうとも言われています。今からでも遅くありません、なにか熱中できることを探してみませんか?私は趣味が多いのですが、それはそれでちょっとストレスになるかも?

 

人の言葉は他人の言葉

  • 投稿 : 2009 年 10 月 26 日

ちょっと古いニュース(オールド?)ですが、自民党の元幹部が「うつ病で休む教員が多いが、国会議員には一人もいない。気が弱ければ務まらない」なんて発言したことがあり、精神科医をはじめ多くの専門家が反論されていました。

こんな発言を聞いて、自分の気の弱さを責め、だからダメなんだと思ってしまったあなた。他人の言葉には、耳を貸したほうが良い時と無視したほうが良い時があります。この発言はあきらかに偏見と思いやりに欠けており、政治家という職業に対する認識もありません。日本の自殺者の多さを政治家として自覚していれば、うつ病の原因が「気が弱い」ということではないことぐらいわかるはずなのですから。

他人の言葉に一喜一憂しないこと、判断を間違えないでくださいね。

QLOOK ANALYTICS