まだまだこれから 善玉の欲

芸術家

  • 投稿 : 2009 年 11 月 29 日

ちょっとだけですが、名前の知れているバイオリニストとたまたま面識があり、ある日友人から、イタリア料理店で弾いてくれるようにお願いしてもらえないかしら相談がありました。ギャラを聞くと、とてもとてもお願いできるような額ではありません。でもまあ断られたらそれまでと、失礼を承知でお話しをしました。ちょうどその日は空いているのでOKよ、と気軽に承諾してくださったので拍子抜け。

彼女はニコニコしながら、「みんなにバイオリンを聴いてもらいたいの。みんなに音楽を好きになってもらいたいの」と言うのです。プログラムも盛りだくさんで、ほんとうに楽しんでもらいたいという気持ちに溢れたものになりました。聴いた人を幸せにできる力を持っているバイオリニスト、みんなに幸せを感じてもらいたいと願っているバイオリニスト…、これこそが「芸術家」なのでしょうね。高みからの芸術では、決して人の心は動かせないとそう思います。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

この記事にコメントする

(表示されません)
ここまでの情報を記憶しますか?
QLOOK ANALYTICS