「ねばならない」はやめましょう 感謝の気持ちはあるけれど

価値観が違うのに

  • 投稿 : 2009 年 11 月 25 日

会って話しをすると気を乱されてしまい、たちまち憂鬱な気分になってしまう知人がいます。本人はいたって明るい性格ですし、生き方も前向きですから、話をしていて楽しくないというわけではありません。でも、どうも彼女と話をすると翌日からしばらく元気を喪失してしまうのです。昨日も同じようなことを体験しました。

なぜこんな気持ちになってしまうのだろうと考えてみて思い当たったのが、「価値観の強要」です。これまで生きてきた道も環境も趣味もまったく違うのですから、考え方は違って当然なはずなのですが、あなたの考えは間違っている、自分の考え方が正しいという発想で相手の生活を批判してくるのです。

こうでなければいけないとか、こうあるべきだという自分流の理論を他人にあてはめたところで、根底にある価値観が異なっているのですから相容れるはずもありません。そんな不協和音が心の気を乱すようです。他人に自分流の生き方を説くということ…それは「自分は常に正しい」という、傲慢な思い違いでしかありません。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

この記事にコメントする

(表示されません)
ここまでの情報を記憶しますか?
QLOOK ANALYTICS