占いが当たる時 長持ちする友人関係

明るくしないと・・・

  • 投稿 : 2009 年 11 月 11 日

知人には、知的障害を持った子どもさんがいます。趣味のサークルで知り合った方ですが、知り合った当時は、障害のある子どもさんを抱えていることなんて、まったくわかりませんでした。とにかく明るいのです。いつも背筋をピンとさせ、大きな声で話し、大きな声で笑い、人一倍バイタリティに溢れています。幸せに満ち溢れているように思えました。

ある日、いつも明るくて元気ねえ羨ましがると「私には知的障害児がいるのよ」と話してくれました。そして、「明るくしていないと自分が折れてしまいそうなの」とも・・・。この言葉が心の片隅から離れません。明るさの影にある苦しみ、そうしたものにまったく気づかなかったのです。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

この記事にコメントする

(表示されません)
ここまでの情報を記憶しますか?
QLOOK ANALYTICS