夫婦喧嘩は猫も・・・ 自分に甘い・・・

内助の功

  • 投稿 : 2009 年 1 月 28 日

「内助の功」という言葉があります。外で働く夫を家庭を守る妻が賢く支える、といった意味に使われることが多いようですが、今の時代にはあまりそぐわない表現かもわかりません。久しぶりに、そんな言葉が浮かんだのは、ご自身に素晴らしい能力があり、社会的にも活躍しているオバマ大統領夫人。このご夫人を見ていると、夫を家庭と仕事の両面から支える「内助の功」という言葉が、しきりに浮かんでくるのです。

不思議なことに、夫がどこまで社会的名声を得るかは、妻を見ればだいたい検討がつきます。「気」に勢いのある女性と結婚した男性は、必ずといって良いほど順調に仕事を発展させていますが、反対に、素晴らしい仕事をしている男性が、貧相な「気」の持ち主である女性と結婚すると、大抵の場合行き詰ります。

「内助の功」を発揮したければ、せっせと気を磨くのが一番かもわかりません。強い気、明るいオーラを身につければ、運は必ず開けるのですから。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

この記事にコメントする

(表示されません)
ここまでの情報を記憶しますか?
QLOOK ANALYTICS